Top > スポーツ > ローンを組むときには

ローンを組むときには

民事再生という選択肢は住宅ローンなどもある多重債務の問題に苦しむ方に対して、住宅を手放すことなく金銭管理の面で立ち直っていくための法的な借金整理の方法として2000年11月に施行された手段です。

 

民事再生は、破産手続きとは違い免責不許可事由はないために、賭け事などで借金をしたような場合でも民事再生はOKですし破産手続きをすると業務禁止になる業界で給与を得ている場合などでも手続きはできます。

 

自己破産では住居を手元に残すわけにはいきませんしその他の選択肢では圧縮した元金を返していくことが要求されますので住宅ローンなども払いつつ払っていくのは実際問題として簡単ではないでしょう。

 

でも、民事再生という手続きを選ぶことができればマンション等のローン以外での借金額はかなりの金額を減ずることもできますので、住宅ローンを支払いながらそのほかのローンを払っていくようにできるといえます。

 

いっぽうで、民事再生という選択は任意整理や特定調停といった手続きとは異なり特定の借金を除外扱いして処理していくことはできませんし、破産申告の際のように負債が消滅するわけでもありません。

 

それに、これ以外の解決手順と比べて処理がめんどうで期間もかかりますので、マンション等のローンを組んでおりマイホームを維持したいような場合等を除外して、破産手続き等その他の解決策がない際における最終的な手続きとしておいた方がいいでしょう。

 

スポーツ

関連エントリー
車通勤から歩いて通勤してます。ローンを組むときにはテスト